ボーカルミックスとは


CD音源と同等のクオリティで歌ってみた音源制作!!

 

ボーカルミックスとは録音した歌のピッチ(音程)やリズムを修正をする「エディット」とカラオケと歌の音量と距離感を調整して1つの曲として聞こえるように調整する作業です。

CD・配信などのリリース音源は必ずエディットが行われており、カバー動画などでも必要な工程と言えるでしょう。

技術の進化により音楽表現が気軽に始められるようになりましたが、動画をしっかり作るためには専門技術とソフトが必要です。

 

リリース音源を手がけるエンジニアにてCD並みのクオリティの音源で話題をさらってみませんか。

サンプルは「Work Sample」から視聴可能です。


こんな方が利用されています


・宅録環境はあるがミックスができない

・ミックスの知識がない

・気合いを入れて高クオリティの動画を作りたい

・弾き語りのカバー動画を作りたい

・グループの宣伝のためにカバー動画を作りたい

 

既に音楽活動をされているシンガーソングライター、アイドルグループ、You Tuer、V-Tuberなど声や歌を使った活動をしている方やバンドの制作で多いです。

ボーカルミックス


レコーディング済みデータとカラオケデータ送っていただきミックスを開始いたします。

 

活動中の方は宅録で済まされる方が多いと思いますが、オプションでGroove Cook'in Studioでのレコーディングも可能です。

通常のレンタルよりお得となっております。

レコーディングスタジオの機材で録音した音は宅録とは全く違った仕上がりになります。

 

ボーカルミックスについて歌の音程に修正して、音量調整するだけという印象を持っている方もいらっしゃるかと思います。

しかし単純に音程を直すだけでは表現のない歌になってしまいます。

当スタジオではコーラスの馴染み方やしゃくりやビブラートなどの細かい部分まで調整をいたします。

歌の表情のつけ方や最大限表情豊かな表現がされているテイクを作ることを目的として作業を行います。 

 

■基本料金

15000円

 

 ■オプション料金

Vo Rec3時間:基本料金[+5000円]

※3時間以上の利用の場合1時間[+2500円]にて利用可能

 

■決済方法

クレジットカード

PayPay

銀行振込

 

■作業内訳

ボーカルエディット(音程とリズムの修正)、ミックス(音量調整、Reverb etc)

 

 ■お申し込み後の流れ

お申込み ▶︎ データ受領 ▶︎ 要望お伺い ▶︎ 作業開始▶︎ 進捗報告 ▶︎ リテイク ▶︎ 納品 ▶︎ お支払い

 

 ■納品形式

完成2mix音源(wav)

 

■ご用意いただきたいもの

オリジナル楽曲(本家)

ドライ歌唱音源データ(メインボーカル、コーラス、掛け声 etc)

カラオケ音源データ(アコースティック編成のカバーはパラデータ)

歌詞

参考音源(こんな感じに仕上げたいという音源)

※歌唱データは(可能であれば)全トラック2本ずつお願いします(クオリティを上げるため)

※カラオケと歌唱データの頭は揃えてバウンスご用意いただきますようお願いします

※データを送付いただく場合はアップローダー(gigafilefireStorage)をご利用ください。

 

■備考

オケ音源はある程度完成された2mixもしくはステムでお願いします(歌ってみた)

コラボ等でボーカルテイク数が多い場合など事前にご相談にください 

希望される方は立ち会いでのミックス、解説も可能です

ボーカル音源の状態によってはお断りする場合もございます

ご質問などお問い合わせはこちらからご連絡をお願いいたします

Work Sample



よくあるご質問


Q1:ミックス師と何が違うの

やっている工程は同じです。使用している機材と手法に違いがあります。

単純に音程を直すだけでなく生きた歌を作る、オケと中和させるという分野が当スタジオの強みとなっております。

レコーディング環境や立ち会いもできるということから、スキルアップのためにご利用いただく方が多いです。


Q2:リテイクは何回までお願いできますか

基本的には回数制限は設けておりません。ご納得いただける良いものを作るためと思っております。

お互い回数が少ないに越したことはないため、修正箇所に関しては歌詞や時間など共通認識が可能な指標を元にご指示いただきます様お願いしております。

音質的な部分は感覚やイメージでもちろん構いません。


Q3:データを送るときに注意するポイントを教えてください

以下に注意してデータを出していただければ大丈夫です。

・ボーカルデータとオケの頭が揃っている

・歌のデータは全てモノラル

・パンはセンター

・リバーブやディレイなど空間系はオフ

・録音時にクリップしていないこと


Q4:どういった音源だとミックスができないの

・音程やリズムがあまりにも取れていない

・録音環境の影響で音質が悪い(部屋の反響音など)

・複数回やりとりしても指定した状態でデータが送られてこない(リバーブがかかっているなど)

・音質が悪くミックスが不可と判断した場合


Q5:ボーカルミックスと書いてありますが、弾き語りカバー音源はダメですか

アコースティック編成(アコギやピアノとパーカッションや効果音)などの小編成であれば問題ありません。

歌と一緒に楽器のパラデータをお送りください。